お客様インタビュー 第2回

株式会社セイロジャパン

株式会社セイロジャパン様は、1981年に創業した工作機械からCAD/CAM/CAEシステムまで取り扱う技術系商社です。製品の「開発」から「構想設計」、「モデリング」、「設計」、「加工」、「検査」まで、製品製造に関わるすべての工程の最適化を実現するツールを提供しています。今回はアクアトラックVをご導入頂いた、本社レオロジーセンターでお話を伺いました。

訪問先

株式会社セイロジャパン本社

住所

〒344-0065 埼玉県春日部市谷原3-1-8

HP

https://www.saeilo.co.jp/

ご担当者様紹介

株式会社セイロジャパン・Moldexソリューションセンターの後藤マネージャー(左)と中井主任(右)にお話を伺いました。お二人はCAEソフト「Moldex3D」をご担当されていて、主に中井主任がアクアトラックVのオペレーターをされています。

レオロジーセンター紹介

レオロジーセンターでは、CAEソフト「Moldex3D」の保守契約ユーザー様からの依頼を主に材料の物性評価を担っています。そのため実際の成形工程を再現するための様々な成形用機械やレオメーターなどの試験機群が所狭しとひしめき合っていて、さながら小さな成形工場とラボ室が合わさったような様相です。クライアント様から持ち込まれるサンプルはPA・PBT・PPS・PCと様々で、同じ物性評価と言っても、とても一括には出来ない大変なお仕事だそうです。まだ導入して1か月ほどですが、中井主任はアクアトラックVをスムーズに使いこなしていてびっくりしました。

レオメーター

小型成形機

乾燥機

担当者インタビュー

Q.アクアトラックVを導入した理由を教えてください。


A.中井主任:今までは樹脂メーカー様からの条件やJIS規格をもとに乾燥を行い、実際に水分測定は行っていませんでした。水分計の必要性は以前から感じており、これまでも数種類の水分計を試したことがありましたが、認証規格やPCとの連携・操作性など弊社の希望がすべてクリアにできる製品はありませんでした。
しかし、アクアトラックVはISOも取得しているし、LANでもWifiでもPCと連携が可能。使い方も簡単で、熟練者ではなくても誰でも測定可能です。弊社のリクエストにピッタリの水分計なので導入に踏み切りました。
 

Q.アクアトラックVの活用方法を教えて下さい。


A.中井主任:レオロジーセンターではカスタマイズされた樹脂などの特殊なサンプルの物性評価をする事もあるのですが、クライアントに結果を報告する際には、全て数値で表さないと説得力はありません。
アクアトラックVを導入するまでは、乾燥温度 時間と粘度の相関性で判断していましたが、実際に乾燥後の材料の水分率は把握できていませんでした。
アクアトラック Vを導入してからは乾燥に対しての不安がなくなると同時に測定前の品質管理として水分率を把握することで粘度の測定結果も担保され、さらに説得力のある結果報告が出来るようになりました。

Q.株式会社セイロジャパンのPRポイント


A.後藤マネジャー:弊社は主にCAD/CAM/CAEシステムを取り扱っています。これらの製品は日進月歩のスピードで進化しており、日々アップデートしていかないと、あっという間に時勢から取り残されてしまいます。導入時のトレーニングや導入後のサポートはもちろんですが、「技術セミナー」や「スキルアップセミナー」を定期的に開催して、新技術や新たな利用法などの情報を積極的に提供しています。現在はコロナの影響でウェブ上でのセミナーがメインになっていますが、逆に遠方の方も気軽にご参加いただけるので大変好評を博しております。前述にもあるように、私どもが担当するCAEソフトでは特殊な物性評価の依頼も受け付けております。弊社は製造業の工程の最適化をサポートさせていただきます。
今回はお忙しい中、取材にお付き合い頂きありがとうございました。
 

ITSジャパンでは企業インタビューにご協力頂ける企業様を募集しております。気軽にお問い合わせください。